とおちゃんと、はっちゃん。

毎日少しずつ出来ることが増えて。 一緒におったら、何やってても楽しくて。 でも、きっとこんなに楽しいのも後数年やろな~って。 とおちゃんよりも友達とおる方が楽しくなったら、もう相手にしてくれんやろな~。 そーなってもらわな、困るけど! それまでいっぱい遊ぼーな!

アーカイブ:2020年01月

お土産の音を聞きつけて、とおちゃんをお出迎え。

仕事の帰りに、お土産でケーキを買ってきた、とおちゃんそしてはっちゃんは、「ただいま~」って声と一緒に、ちょっと堅めのケーキの袋がガサガサ音がなってるのを聞きつけてやって来るそーゆーのだけは敏感に察知しよるなお土産にケーキ買ってきたでったくはっちゃん、ま

大好きな保育園も、あと少し・・・。

8月から保育園に通ってる、はっちゃん新しい保育園、大騒ぎの初登園! 先生達にもいっぱい可愛がってもらって、友達もいっぱい出来ていつも喜んで通ってるでも、この保育園は3歳までしか預かってもらえないから、気が付けば、あと少しで卒園初めて連れて行って、先生の抱

まさかとは思うが・・・。 お酒っすか?

家におるのに、コップではなくわざわざ水筒に入れて飲みたがる、はっちゃんそしてやっぱり、普通に飲むだけではなく、フタの部分をコップみたいにして入れて飲み始めるまー、何となくやってみたくなる気持ちは分からんことはないし、ここまでは想定内子供って、ほんまにし

地味やと思ったら、意外と楽しかった水族館! ③完

水族館の隣に併設されていた、プチ博物館(?)地味やと思ったら、意外と楽しかった水族館! ②昔の街並みみたいなジオラマが置いてあって、意外にも熱心に見てるはっちゃんもちろん街の歴史を感じるわけではなく、ただおもちゃとして遊びたいだけ確かにはっちゃん的には

地味やと思ったら、意外と楽しかった水族館! ②

水族館の「ふれあいコーナー」にやってきた、はっちゃん地味やと思ったけど、意外と楽しかった水族館! ①まずは、水の中に手を入れると、皮膚の表面の古い角質を食べに集まってくる、「ドクターフィッシュ」とおちゃんが手を入れてみると、早速めっちゃ魚が集まってきた

地味やと思ったけど、意外と楽しかった水族館! ①

外は寒いし、遊びに行くところに困って水族館に行くことにした、とおちゃんと、はっちゃんとはいえ、イルカのショーとか派手なメインイベントは無く、地味な感じの水族館まー、3歳のはっちゃんと一緒なら、ボチボチ時間潰せる程度でええか~って感じで入館入って早々、「

一向に乗れる気配がない、自転車!

補助輪無しの自転車を買ったものの、一向に乗れる気配がない、はっちゃん自転車に乗れるまで、道のりはまだまだ遠い。1歳であっさりとストライダーをマスターして、公園に行くときはいつも自分のストライダーで行ったり友達と一緒に公園内で乗り回してたりするから、自転

買って失敗したお菓子。

大人と違ってあまり情報源がない、3歳のはっちゃんいろんな種類のお菓子があっても、いつも食べてるものしか選ばなかったけど保育園に行くようになってから、先生や友達が食べてたお菓子を買いたがるようになってきた体に悪いとかの理由で、家によっては「食べたらあかん

「ゴミ拾いゲーム」の、秘密兵器!

誰もいない公園で一人で遊ぶ時とおちゃんと一緒に『ゴミ拾いゲーム』を楽しむ、はっちゃんどうせなら、楽しく公園をキレイにしよう!拡がれ! はっちゃんの社会貢献活動!「宝探し」的な楽しみだけでなく、公園もきれいになるスペシャルな遊びでも捨ててあるゴミって、お

はっちゃんの・・・、クマさん? 普通、お馬さんじゃね?

寝室で寝る前に、部屋の電気を消すときいつも「はっちゃんが消すー」って、自分でやりたがるでも、部屋の照明スイッチは高い所にあるから、自分では手がとどかないだからいつも、「とおちゃん! クマさんして!」って言うてくる『クマさん』?あー、四つん這いになって、

↑このページのトップヘ