とおちゃんと、はっちゃん。

毎日少しずつ出来ることが増えて。 一緒におったら、何やってても楽しくて。 でも、きっとこんなに楽しいのも後数年やろな~って。 はっちゃんとの楽しい思い出を、振り返るとおちゃんのアルバム!

タグ:勉強

「意味変」で覚えるお勉強。

ドリルで分からないところを教えてくれと言うてくる、はっちゃん当たり前やけど、何でこんな簡単なことが分からんの?ってのがいっぱいある当たり前過ぎて、どうやって教えていいか難しいこともいっぱいあって何か用事をしている時に聞かれると、余裕を持って教えてあげるの

意外にも苦にならないお勉強。

黙々とドリルに励む、はっちゃん日によって多少の差はあるものの、自ら進んでドリルを持って来てやっているとおちゃん自身の幼少期や、世間一般的な子供は基本的に勉強があんまり好きではないと思っていたけどはっちゃんは、今のところそうではないらしい遊びも勉強も、苦手

とおちゃんの大発明! ご褒美シール+貯金箱+お金の勉強!

毎日はっちゃんと遊んでいる中でついに大発明をしてしまった、とおちゃんスーパーヒット商品にするべく、頭の中のイメージを形にしていくとおちゃんが書いた下書きに、はっちゃんに数字を書き込んでもらいそうそう丸の中に順番に、200まで数字を書いてこの台紙が出来たら

同じ教え方やのに・・・。 学研との違いは何やねん!

基本的にあんまり話が通じない、はっちゃん保育園の出来事とか聞いていても、6割は意味分からんし何かを説明しても、7割は伝わってへんそんなはっちゃんに、勉強を教えるのは至難の業足し算を教える時「0+2」の場合は、「ゼロは無しやから、手で隠して2だけにしたらい

一番理にかなった、仮面ライダー勉強法!

仮面ライダーを何よりも愛している、はっちゃん仮面ライダーがプリントされているものは何でも欲しくてバンダイと東映の作戦にハマっては、いろいろ買わされる日々そんなはっちゃんに、勉強をさせようと思ったらやっぱり、仮面ライダーが一番仮面ライダーがおるだけで興味を

読めるようになった文章!

運動系はなかなかデキルけど、知能系はさっぱりの、はっちゃんまぁ、得意不得意はあるしな・・・って、思ってはいるけど何気に学研教室にも通っていて、勉強もボチボチ頑張っていたそんなはっちゃんが・・・単語ではなく、問題文を読めるようになった・・・スゲー はっちゃん5歳の

想いを打ち砕く現実。 リビングのカウンター。

家を建てる時間取りをいろいろと考えている時に、リビングの隅に小さなカウンターを付けたはっちゃんが勉強とか始めた時に自分の部屋に籠ってしまうのは寂しいから照明とか付けて、低学年の時ぐらいは「リビングで宿題とか出来たらエエな~」ってマイホームに込めた小さな想

夢のような「おっきいお菓子のお店」

スーパーに行くと、しっかり「1個だけ!」と言ってお菓子をねだる、はっちゃんはっちゃんがもっとチビッコい頃は、絶対にこの「1個だけ!」の習慣を無くそうと思っていたけど完全に「1個だけ!」の習慣になってしまっているでもまー、普通のスーパーでお菓子買うぐらいな

学ぶ喜びを忘れないように!

ひらがなを書く練習をしている、はっちゃん最初に自分の名前、『はる』が書けるようになってから新しい字が書けるのを楽しんでいる自ら進んでドリルを始めたり、目に入ったひらがなを次々に読んでいったりしているそう!勉強するってのは、本当は楽しいこと新しいことを知る

スーパーで一人でお会計!

とおちゃんとスーパーに買い物に来た、はっちゃんお金の勉強もさせようと、はっちゃんの小さなポーチにお金を入れて一緒に会計しようと思っていたら自分一人で行くと言い出したまー、一人でと言ってもとおちゃんもすぐそばにおるしお店もあんまり混んでへんから、行かせてみ

↑このページのトップヘ